石野真子、結婚・離婚・再婚を経たアイドル!元夫は長淵剛と広岡瞬

石野真子さんは歌手です。
多数のドラマ・映画に出演し、女優としても活躍。
1961年1月31日生まれ。

離婚歴2回

アイドル歌手だった石野真子さん。
現在は独身で、これまでに二度の離婚歴があります。
一度目の結婚は1981年。
そのお相手は歌手の長渕剛さんで、石野さんは結婚と共に芸能界を一時引退しています。
石野さんはこの時まだ20歳ということもあり、大きな話題となりました。
現役アイドル、たとえばAKBの人気メンバーがこの年齢で結婚をするなんて今では考えられないことですよね。
ただその結婚生活は2年という短い期間に終わり、石野さんは離婚と共に芸能界復帰をしました。
二度目の結婚は1990年です。
お相手は俳優の広岡瞬さん。
今度は1996年まで6年続きましたが、これも離婚。
そこからは独身を貫き、現在に至ります。
これほどの美人が20年近くも1人でいるのは少し不思議ですね。
もちろんその間付き合ったお相手はいたのでしょうし、いろいろな噂もありました。
しかし籍を入れるまでに至らなかったのは、二度の離婚で懲りたのかもしれません。

離婚理由は?

石野真子さんが長淵剛さん、そして広岡瞬さんと離婚した原因はなんなのでしょうか?
一度目の離婚については、長淵さんが厳しすぎたことが当時の週刊誌に書かれていました。
その他にも、嫁・姑問題があったんだとか・・・。
二度目の広岡さんとの離婚理由は不明です。
わかっているのは直前に石野さんが家出していたということ、そして広岡さんが「責任は僕にある」とコメントしたことです。
ちなみにすっかり日本で見ることがなくなった広岡さんは、現在はロンドンでレストランを経営しているとのことです。
そのため二人が会う機会は、もうほとんど無くなったのではないでしょうか。

奇跡の50代という表現が似合うくらい、現在でも美しい人ですね。
美しいだけではなく、アイドル時代には無かったたくましさもあります。
応援したくなるタレントです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする