的場浩司の身長・事務所は?映画デビュー作は?裏番組とダブルブッキング

的場浩司さんは俳優です。
硬派なキャラクターを活かし、多数の作品に出演。
身長177cm、オフィスジュニア所属、1969年3月28日生まれ。

デビュー作は?

的場浩司さんの俳優デビュー作は、1988年公開の映画『首都高速トライアル』です。
走り屋のドラマを描き、後に人気シリーズとなった作品です。
的場さんはその第一作目に走り屋の一人として出演。
フェアレディZを乗り回しました。
1989年にはドラマ『はいすくーる落書き』などの出演からあっという間に人気俳優となり、数々の映画・ドラマに出演をして現在に至ります。
若かりし頃は、とにかく硬派一筋といった印象があります。

出演番組が裏かぶり

9月3日放送のTBS『水トク!』にゲスト出演をした的場浩司さん。
この番組は、19時54分から21時54分まで放送されました。
しかしその裏、19時56分から20時54分まで放送されたテレビ朝日『くりぃむクイズ ミラクル9』にも的場さんはゲスト出演していたのです。
通常、このような同一の芸能人の出演が被ってしまうようなことは敬遠されます。
なぜなら、その芸能人のファンがどちらの番組を見るかで分散されるからです。
とはいえ明確に定められている規定というわけではなく、いわゆる暗黙のルールというやつです。
ただ基本的には双方にメリットがないことなので、このルールが破られることはありません。
そのため、この日の的場さんのようなケースはとても珍しいとして話題となりました。
もちろんTBSやテレビ朝日が知らないわけはないでしょうし、話は通しているのでしょうが。
何かそうするに至る理由があったのでしょうか?
一体何なのか少し気になってしまいますね。

個人的には、昔の硬派一筋よりも今のスイーツ好きで柔らかい雰囲気のある的場さんの方が好感が持てます。
人間、年を取れば変わるということでしょうか。
良い変化と悪い変化がありますが、的場さんの場合は前者だと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする