山本彩のあだ名や出身中学は?人気の理由は?ごきげんようでやらかした?

山本彩さんはAKB48、NMB48のメンバーです。
2014年総選挙では、6位に躍進をしました。
1993年7月13日生まれ。

あだ名は?その由来は?

山本彩さんと言えば、ファンから『さやか』『さや姉』と呼ばれることが多いですね。
『さやか』は下の名前である『彩』の読み方そのものです。
『さや姉』は元々はNMBメンバーから呼ばれていたものですが、それがいつの間にかファンの間にも定着をしました。
また大島優子さんからは『ちっち』と呼ばれていることが、大島さんのブログで判明しました。
山本彩という名前にどこにもそういう要素はありませんが、一体なぜ大島さんは山本彩さんのことを『ちっち』と呼んでいるのか?
それはブログには記述しておらず、気になる方は握手会で大島さんに尋ねてみてくださいとのこと。
そこで握手会にて大島さんに尋ねたファンのレポートによりますと、どうやら山本彩さんの乳(胸)が大きいからそう呼んでいるのだそうな。
な、なるほど・・・。

出身校は?

山本彩さんは茨木市立南中学校から平安女学院高校に進学しており、その後転校をして大阪薫英女学院高等学校を卒業しています。
とても利発だったようで、高校2年の時には生徒会長を務めていました。
卒業をした大阪薫英女学院高等学校は大阪の学校、そして転校前の平安女学院高校は京都の学校です。
NMBでの活動に集中するために、大阪の学校に転校してきたのでしょう。
転校初日は、アイドルがやって来るということで大騒ぎになったのではないでしょうか。

人気の理由は?

NMBのみならず、AKBグループ全体の中でも人気メンバーとなった山本彩さん。
人気メンバーとなった理由はいろいろと考えられます。
まずグラビアが話題になるほどのスタイルの良さ。
アイドルなのですから、容姿というのはやはり大きな長所です。
グラビアアイドルからすれば、AKBがグラドルの仕事をするのには不満もあるかもしれませんが、山本彩さんの場合はそれだけのスタイルを保持しています。
また常に自己研鑽に励んでおり、歌とダンスもNMBトップクラスです。
さらに握手会の対応も良好で、神対応と呼ばれることもあります。
ファンの名前は覚えてるんだとか。
応援しているアイドルに名前を覚えられるなんて、ファンからすればこれ以上ない喜びですね。
メンバーへも優しく、相談を受けたりダンスを教えたりしています。
同じメンバーとはいえライバルでもあるんですから、自分の技術を教えるなんてことはなかなかできないものです。
こうして見ると、人気である一番の理由は性格の良さではないでしょうか。

ごきげんようでやらかした?

6月に、松井珠理奈さんや生駒里奈さんと共に『ごきげんよう』に出演した山本彩さん。
サイコロを振り、出たテーマに添ってゲストがトークを繰り広げます。
3人のトークテーマは、『自慢できる特技』。
そこで山本彩さんは、「大したことないんですけど、上唇が柔らかいくらい」とコメントをしました。
なんだかドキリとするコメントですね。
その後山本彩さんがそれを証明するために、唇を吊り上げる顔芸を披露しました。
しかし反応はいまいちで、共演者も「凄い」と言ったっきり大して話も広がらず・・・これが「やらかした」として噂になっているようです。
トークバラエティに出ている以上、たまにはこういうこともあるでしょう。
むしろファンからは何をやっても可愛いとの好評の意見も聞かれます。

2014総選挙では6位になりました山本彩さんですが、その後のスピーチではNMBメンバーの票が全体的に伸びやんだりしたことから悔しい思いも感じ取れました。
本人自身も、まだまだ上を狙っているようです。
来年の総選挙結果が楽しみですね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする