天海祐希の身長体重は?宝塚時代の伝説や確執とは?100周年欠席の理由は?

天海祐希さんは元宝塚トップスターの女優です。
1967年8月8日生まれ。
身長173cm、体重48kg。

Sponsored Link

宝塚時代のエピソードとは

タカラジェンヌであった天海さん。
宝塚音楽学校入学試験での面接では試験管から絶賛され、首席で入学をしています。
卒業後はあっという間に出世街道を駆け上がり、やがて月組男役のトップスターとなりました。
宝塚には、昔ながらの慣例というものがあります。
これは伝統・格式のある物事には付き物とも言えますが、天海さんは度々その慣例に反するようなことを行い、伝説となっています。
たとえば、ファンへの待遇。
宝塚では役者ごとにファンクラブが存在しています。
ファンクラブには立ち上げ当時からの幹部の方もいれば、比較的入会が新しい方もいます。
役者とファンクラブによる非公式のイベントが催されることもあり、天海さんが退団をする際にはファンへのプレゼントが配られました。
その際、天海さんは垣根を隔てずに全員に同じワイングラスをプレゼントをしています。
自分を支えてくれるファンに序列をつけてはいけないという、天海さんなりの美学ではないでしょうか。
また宝塚では、劇のフィナーレに端役から主役まで全員が階段を下りてきてファンに向かってお辞儀をします。
当然主役はラストを締めくくるわけですが、フィナーレの際には大きな羽を背中に付けるのがお決まりです。
ところが天海さんはあまり大きい羽を避けて、主役にしては小さな羽根なかりを背負っていました。
ラスト公演では、羽根自体を背負っていなかったとのことです。
どうも大きい羽根を付けることを、あまり良く思っていなかったようですね。
しかし他の役者が羽根を小さくしたいとか、付けたくないとか言ってもまず通してくれないでしょう。
恐るべきは天海祐希ですね。

 

100周年式典を欠席

今年で100周年を迎える宝塚。
それを記念して、歴代OGを集めて盛大な式典が催されました。
しかし天海さんは舞台公演のために欠席。
あらかじめスケジュールを空けておかなかったのは、劇団運営側との確執があったのではとも噂されています。
確かに天海さんは、劇団在籍中に「忙しくてみんな痩せていく」といったような運営側への批判とも取れる発言をしてきました。
もちろんこれは仲間のことも想ってのことなのでしょうが、このことを快く思っていなかった関係者もいたでしょう。
『女性セブン』によりますと、天海さんは欠席に関して「もう過去のことだから」と発言しているようです。
これは捉えようによっては冷たく感じられるかもしれませんが、宝塚の外の世界で生きていくことを決めた天海さんの覚悟でもあるのでしょう。
宝塚は今も天海さんの心の大事な部分にあると思いますが、こういう生き方もあるよと後輩に教えてあげたかったのかもしれませんね。
劇団在籍中に確執があったとしても、それこそ天海さんにとっては「過去のこと」なのではないでしょうか。

 

200年、300年と続いていくであろう宝塚。
異端の天才であった天海さんの名も、語り継がれていくのでしょう。

Sponsored Link

Posted: 木曜日, 5月 8th, 2014 @ 10:59 PM
Categories: 俳優.
Subscribe to the comments feed if you like. You can leave a response, or trackback from your own site.

2 Responses to “天海祐希の身長体重は?宝塚時代の伝説や確執とは?100周年欠席の理由は?”

  1. kfur Says:

    >>面接では試験管から絶賛され

    パリーン。

  2. Says:

    1)天海さん、盲腸炎かかったことがありますよね。これ、過労  (免疫低下)と栄養失調。最近、盲腸炎聞いたことないです。
    2)その頃、他にも病気やけがの人多くなかったですか?
    3)女役さん、骨折が多かったと、花總さんが言ってました。骨
      骨粗しょう症ね。・・・劇団様もっと健康に配慮を、ね。
    4)新感線(蒼の乱)オファー優先。断れば次は無し、(真矢さん  も言ってませんでした?)よね。
    5)100周年、もし出席したら、メデイアは天海さんに集中よ   ね。(自分だけ・・これも避けたかった?)
    6)音楽学校の式典には出席した。(メデイアの露出は「宝塚」全  体の50%だったとか?

Leave a Reply

CAPTCHA