上戸彩がドラマで共演の森田剛と破局した理由は?交際期間は?きっかけは?本名が朴?

上戸彩さんは国民的美少女コンテストの審査員特別賞の経歴を持つタレントです。
3年B組金八先生に出演したことから有名となり、シングル曲も数多く発売しました。
1985年9月14日生まれ。

元交際相手は森田剛

上戸さんはEXILEのHIROさんと結婚をしています。
それ以前には上戸さんはV6の森田剛さんと交際をしていました。
きっかけは2001年に共演をした「嫁はミツボシ。」というドラマで、その交際期間は実に8年にも及ぶと言われています。
芸能人が共演をきっかけに付き合うというのはよくある話です。
それにしても8年とは、報道通りならずいぶん長いですね。

破局の理由は?

森田さんとの破局の理由は、結婚願望が強かった上戸さんに対し森田さんが積極的ではなかったと言われていますが定かではありません。
交際期間が長かったことで、マンネリ化もあったのかも知れませんね。
森田さんと破局報道があってからそれ程期間を置かずHIROさんと結婚をしたので、結婚願望が強いというのは本当のことだったのでしょう。
人気が衰えていないのに20代での結婚を事務所が認めたのはこれまでの功績があったからだと思います。
上戸さんにとってはこの上ない喜びだったのでしょうね。

朴彩って?

上戸彩さんの本名は「朴彩」で、在日ではないかという噂があります。
しかし流出している卒アル写真を見ても名前は「上戸彩」と表記されており、この噂はガセの可能性が強いと思います。
なぜこんなこのような情報が流れたのか、まったくもって謎ですね。

CMの女王と言われた上戸彩さん。
現在その本数こそ剛力彩芽さんに抜かれてはいますが、以前として彼女をテレビで見ない日はほぼありません。
特にソフトバンクのCMは有名ですね。
明るいキャラクターから来る爽やかなイメージが企業に受けているのでしょうか。
これに良妻のイメージが付くようになれば、更に出番は増えそうですね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする