金藤理絵の身長・出身高校・大学は?ロンドンの悔しさをバネにリオ五輪へ

金藤理絵選手は競泳選手です。
女子平泳ぎ200mの日本記録保持者。
1988年9月8日生まれ。

身長は?

金藤理絵選手の身長は174cm。
そして体重は、67kgです。
女性としては大柄と言えますがスポーツ、ましてや世界が舞台となると華奢に見えることも。
体脂肪率は不明ですが、かなり低いことは間違いないでしょう。

出身高校は?

金藤理絵選手の出身高校は、広島県立三次高等学校です。
同校は金藤理絵選手以外にも、多数の有名人を輩出しています。
インターハイで優勝するなど、高校の頃から将来を嘱望される存在でした。

出身大学は?

金藤理絵選手の出身大学は、東海大学体育部です。
大学在学中に数々の大会で入賞をし、そして北京五輪にも出場。
全国に名を轟かせることになりました。

ロンドン代表漏れで引退検討も・・・

北京五輪では、7位に入賞をした金藤理絵選手。
当然のように次のロンドン五輪の活躍も期待されましたが、しかしそこでの代表に選ばれることはありませんでした。
この時、金藤理絵選手は引退も考えたそうです。
しかし2015年の世界選手権、得意の200mで6位に終わったことがもう1度彼女を奮い立たせました。
勝ちへの渇望が、彼女を蘇らせたのです。
トレーニングの取り組み方も見つめ直した金藤理絵選手は、2016年日本選手権で新記録を樹立。
見事、リオ五輪への出場権を手にしました。
1度底から這い上がってきた金藤理絵選手。
こういう選手は、強いはずです。

五輪に出た実績を持つほどのスポーツ選手でも、1人の人間です。
1度心が折れつつも、そこから見事に立ち直った金藤理絵選手。
思わず応援したくなる選手です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする