宮崎駿風立ちぬで引退の理由!通産5回目?海外の反応は?ジブリは?

宮崎駿さんは、アニメ映画界の巨匠として世界的に名を馳せた監督です。
「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「天空の城ラピュタ」・・・テレビでもよく放映されており、どなたでも一度は観たことがあるのではないでしょうか。
現在は最新作「風立ちぬ」が公開されています。

宮崎駿、ついに引退!

そんな宮崎駿さんですが、「風立ちぬ」を最後に引退をすることが発表されました。
その理由としては、年齢により自分の作品の公開間隔が空いていくことを憂いスタジオジブリに迷惑をかけたくないからというものでした。
現に風立ちぬ前作から5年経って公開されたものでした。
70代という年齢を考えると引退も仕方の無いことかも知れません。
しかしこれほどの大監督なわけですから、その衝撃は世界中を駆け巡りました。

引退に対する海外の反応

日本のウォルト・ディズニーと評してる人もおり、引退を悲しんでいるファンの声が目立ちました。
引退を考え直してほしいという人もいれば、これまでの功績にお礼を述べている人もいるようです。
日本アニメは世界的に人気がありますが、宮崎駿さんがそのことに多大な貢献をしているのは間違いありませんね。
また、宮崎駿さんが引退したあとのジブリを心配する声もありました。
ジブリにとっては大きな損失となりますが、宮崎駿さんの年齢から考えて引退したあとのことも考えていたとは思います。
これまでと同様に幅広い世代に愛されるアニメを作っていけるのか、次の作品は世界中に注目されることになりそうですね。

引退は5回目?

実は宮崎駿さんの引退宣言はこれで5回目と言われています。
ラピュタ・紅の豚・もののけ姫・ハウルの動く城の公開時期にそれぞれ引退をほのめかすようなことをコメントしているわけですね。
それゆえにまた戻ってくるのでは?という意見もあるのですが、今回は引退会見までしてマスコミ向けに「公式引退の辞」まで配布したのですから復帰は難しいのではないでしょうか。

彼の作品でまだ見ぬ世界へ思いを馳せた子供の数は計り知れません。
引退をしても毎年のようにテレビ放映をされて、宮崎駿の作品は語り継がれていくのでしょう。
本当にお疲れさまでした。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする