川本真琴の本名・出身地・デビュー曲は?アニメ主題歌『1/2』の意味は?

川本真琴さんはシンガーソングライターです。
数々のヒット曲を発表し、また絵本の出版といった他ジャンルでの活躍もあります。
1974年1月19日生まれ。

本名は?

川本真琴さんは、芸名で活動をしています。
本名は『川本和代』さん。
和風なお名前ですね。

出身地は?

川本真琴さんの出身地は、福井県福井市です。
また大学も、福井市にある仁愛女子短期大学を卒業しています。
大学ではピアノを学んでいたとのことです。

デビュー曲は?

川本真琴さんが本格的に芸能界で歌手活動を始めたのは1996年、22歳の頃でした。
同年の5月に、デビュー曲である『愛の才能』を発売しています。
この曲は、オリコンチャートで最高17位を記録しました。

『1/2』の意味は?

川本真琴さんの代表曲と言えばいくつか候補が挙げられますが、『1/2』は間違いなくその内の1つでしょう。
この曲は、テレビアニメ『るろうに剣心』の主題歌にも使用されています。
曲のタイトルである、『1/2』にはどういう意味があるのか?
歌詞を見てみると、「2コの心臓がくっついていく」「唇と唇 瞳と瞳 手と手」といった恋人同士が重なり合うような描写があることがわかります。
この描写から推測をするに、2人で1つということを表現したタイトル名なのではないでしょうか。

狩野英孝さんとの件で、いろいろと騒がれた川本真琴さん。
ただ川本真琴さんは、どちらかと言うと被害者のような印象を受けます。
ショックはあるでしょうが、これからも元気に活動を続けて貰いたいと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする